野口英世

「私は少しも恐れるところがない。私はこの世界に、何事かをなさんがために生まれてきたのだ。」 「絶望のどん底にいると想像し、泣き言をいって絶望しているのは、自分の成功を妨げ、そのうえ、心の平安を乱すばかりだ。」 「家が貧し … “野口英世”の続きを読む