松下幸之助

「アイデアを生むと言っても、口先だけでは生まれない。これもやはり熱心であること。寝ても覚めても一事に没頭するほどの熱心さから、思いもかけぬ、よき知恵が授かる。」 「商売とは、感動を与えることである。」 「人には燃えること … “松下幸之助”の続きを読む

黒澤明

「人間、自分の苦労に正比例して価値判断をしてはならない。」 「自分を飽きさせずに面白く働かせるコツは、一生懸命努力してしつこく踏ん張るしかないんだ。」 「創造というのは記憶ですね。自分の経験やいろいろなものを読んで記憶に … “黒澤明”の続きを読む

野口英世

「私は少しも恐れるところがない。私はこの世界に、何事かをなさんがために生まれてきたのだ。」 「絶望のどん底にいると想像し、泣き言をいって絶望しているのは、自分の成功を妨げ、そのうえ、心の平安を乱すばかりだ。」 「家が貧し … “野口英世”の続きを読む

北里柴三郎

「北里研究所の事業も世界規模での医学発展において、医学あるいは衛生学のみならず他の領域まで侵入しまして農業、水産、工業などその他にも我が微生物の研究を応用して国家、社会に貢献したい考えであります。」 「いくら志があっても … “北里柴三郎”の続きを読む

伊藤博文

「国の安危存亡に関係する外交を軽々しく論じ去って、何でも意の如く出来るが如くに思ふのは、多くは実験のない人の空論である。」 「いやしくも天下に一事一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは始終ある。依頼心を起こしてはなら … “伊藤博文”の続きを読む

渋沢栄一

「全て形式に流れると精神が乏しくなる。何でも日々新たにという心がけが大事である。」 「どんなに勉強し、勤勉であっても、上手くいかないこともある。これは機がまだ熟していないからであるから、ますます自らを舞妓して耐えなければ … “渋沢栄一”の続きを読む

福沢諭吉

「人間は負けるとわかっていても、戦わねばならない時がある。だから、たとえ負けても勝っても、男子は男子なり。勝負をもって人物を評することなかれ。」 「今日も、生涯の一日なり。」 「学問は米をつきながらも出来るものなり。」 … “福沢諭吉”の続きを読む

川端康成

「大病をして死を身近に感じると、深くたしなめられた気持ちがして、それまで重大に思えたことが、そうでなかったと悟るようになるものだ。」 「一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば、自分の幸福なのだ。」 「ささいなこ … “川端康成”の続きを読む

夏目漱石

「のんきに見える人々も、心の底を叩いて見ると、どこか悲しい音がする」 「あせってはいけません。ただ、牛のように、図々しく進んでいくのが大事です」 「自分が幸福でないものに、他を幸福にする力がある筈がありません」 「愛嬌と … “夏目漱石”の続きを読む