スタバではグランデを買え!

著者 吉本佳生 先生

第1章 ペットボトルのお茶はコンビニとスーパーのどちらで買うべきか?

裁定と取引コストが価格差を縮めたり広げたりする

・同じモノがちがう価格で売られている理由は「取引コスト」

・取引コストが存在しなければ、裁定が価格を等しくする

・ライバル店は住宅街のどこに出店するのか?

・ライバルの主力商品や2大政党の政策が似てくるのはなぜか?

・物流システムが支えるコンビニの便利さ

第2章 テレビやデジカメの価格がだんだん安くなるのはなぜか?

規模の経済性が家電製品の価格を下げる

・薄型テレビの値下がり

・ライバルの蹴落としと海外への販売拡大

・販売においても規模の経済性が働く

・ひとつで多機能は消費者の取引コストを節約する

第3章 大ヒット商品のDVD価格がどんどん下がるのはなぜか?

企業は、高くても買う消費者にはできるだけ高く売ろうとする

・高くても買う客には高く、安くしか買わない客には安く売る

・企業の平均コストと消費者の評価の間で価格は決まる

・基本機能だけの製品では、企業はさほど儲からない

・独占的な付加機能を武器に価格差別をおこなう

第4章 携帯電話の料金はなぜ、やたらに複雑なのか?

携帯電話会社はいろいろな方法で消費者を選別する

・異なるタイプの消費者には、異なる料金プランを用意

・代わりの方法がない人には高い料金を請求される

・複雑さに屈する消費者は、価格差別の餌食になる

第5章 スターバックスではどのサイズのコーヒーを買うべきか?

取引コストの節約は、店と消費者の両方に利益をもたらす

・価格差はどれでも100円

・カフェ経営者のコスト計算

・Wサイズは店も客も得

・ITビジネスは取引コストの節約がポイント

第6章 100円ショップの安さの秘密は何か?

ときには、追加コストが価格を決める

・野菜ジュースの価格を付加価値に分解する

・100円ショップの安さの秘密

・中国の義烏市は日用雑貨の世界的な供給拠点

・平均コストよりも、追加コストのほうが大切なときがある

・100円ショップで原価を気にする消費者は、じつは賢くない

第7章 経済格差が、現実にはなかなか是正できないのはなぜか?

所得よりも資産の格差のほうが大きな問題である

・所得格差より資産価格のほうが問題だが、解決は容易ではない

・自分の能力をきちんと把握していれば、いくらでも仕事はある

・他人の努力をいつも観察することはむずかしい

・容姿や資格だけを売り物にして得られる仕事では、さほど稼げない

第8章 子供の医療費の無料化は、本当に子育て支援になるか?

安易に政府に頼る国民は、結局は大きなツケをを負わされる

・赤字が続く公共事業をどうするか?

・子供の医療費の無料化が不公平を助長する

最終章 身近な話題のケース・スタディ

付加価値に分解して考える

1.意外にも、日本が石油製品の輸出を増やしているのはなぜか?

2.牛肉を、ステーキ店と焼き肉屋のどちらで食べるか?

3.家具の組み立てと運送は、どちらを先にすべきか?

4.子供を持つ親が喜ぶサービスとは?

5.携帯電話料金の話

6.アジア製の安い邦楽CDは、本当に日本の音楽文化の敵だったのか?

おわりに 他人と同じだから得なこと、ちがうから得なこと

吉本 佳生 先生 ありがとうございます。

ではまた👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です