川端康成

「大病をして死を身近に感じると、深くたしなめられた気持ちがして、それまで重大に思えたことが、そうでなかったと悟るようになるものだ。」

「一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば、自分の幸福なのだ。」

「ささいなことが私たちを慰めるのは、ささいなことが私たちを悩ますからだ。」

「一人のよき友は、地上のすべての宝玉よりも、どんなに勝っていることか。」

「死んだ時に人を悲しませないのが、人間の美徳さ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です