世界一シンプルなバフェットの投資

著者 ジェームズ・パードウ 先生    中島 早苗 訳 第1章 複雑な投資より、シンプルな投資を 「実際のところ、複雑なものは邪魔なだけだ」とにかく単純明快なものを選ぶようにとバフェットは言う。ややこしい問題を一生懸命考 … “世界一シンプルなバフェットの投資”の続きを読む

スタバではグランデを買え!

著者 吉本佳生 先生 第1章 ペットボトルのお茶はコンビニとスーパーのどちらで買うべきか? 裁定と取引コストが価格差を縮めたり広げたりする ・同じモノがちがう価格で売られている理由は「取引コスト」 ・取引コストが存在しな … “スタバではグランデを買え!”の続きを読む

松下幸之助

「アイデアを生むと言っても、口先だけでは生まれない。これもやはり熱心であること。寝ても覚めても一事に没頭するほどの熱心さから、思いもかけぬ、よき知恵が授かる。」 「商売とは、感動を与えることである。」 「人には燃えること … “松下幸之助”の続きを読む

黒澤明

「人間、自分の苦労に正比例して価値判断をしてはならない。」 「自分を飽きさせずに面白く働かせるコツは、一生懸命努力してしつこく踏ん張るしかないんだ。」 「創造というのは記憶ですね。自分の経験やいろいろなものを読んで記憶に … “黒澤明”の続きを読む

野口英世

「私は少しも恐れるところがない。私はこの世界に、何事かをなさんがために生まれてきたのだ。」 「絶望のどん底にいると想像し、泣き言をいって絶望しているのは、自分の成功を妨げ、そのうえ、心の平安を乱すばかりだ。」 「家が貧し … “野口英世”の続きを読む

北里柴三郎

「北里研究所の事業も世界規模での医学発展において、医学あるいは衛生学のみならず他の領域まで侵入しまして農業、水産、工業などその他にも我が微生物の研究を応用して国家、社会に貢献したい考えであります。」 「いくら志があっても … “北里柴三郎”の続きを読む

伊藤博文

「国の安危存亡に関係する外交を軽々しく論じ去って、何でも意の如く出来るが如くに思ふのは、多くは実験のない人の空論である。」 「いやしくも天下に一事一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは始終ある。依頼心を起こしてはなら … “伊藤博文”の続きを読む